« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

日本の夏

日本の夏

花火なう。

| | コメント (0)

7月30日

7月30日
大雨が止んで空も再び夏に戻る。さてと。。

| | コメント (0)

7月28日

今日、千の風が吹く。

| | コメント (0)

さるすべり

さるすべり
百日紅は、やはり紅色がよい。

| | コメント (0)

ゴッホ展

ゴッホ展
そうです。今秋、国立新美術館で開催されるゴッホ展のポスターです。今年は、本当に印象派の当たり年ですね。

| | コメント (0)

最近

最近
この方を東京の地下鉄でよく見かけます。

| | コメント (0)

Café 1894 三菱一号館

Img_1800

三菱一号館の中にあるカフェです。明治時代は、銀行だったそうです。英国の図書館のような空間です。設計したジョサイア・コンドルが英国人ということなので、あたりまえかな。レモンタルトと紅茶をいただきました。次回は、メニューにあるというギネスビールとチップスにしようかなと思ったのですが、同カフェは、7月26日から8月23日までお休みだそうです。残念。

*三菱一号館美術館で開催中の「マネとモダン・パリ」展、明日が最終日です。
「マネとモダン・パリ」展
三菱一号館美術館
2010年4月6日(火)〜2010年7月25日(日)
開館時間
水・木・金  10:00~20:00
火・土・日・祝 10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日

展覧会公式サイト
http://mimt.jp/manet/index.html

| | コメント (0)

大暑

暑中お見舞い申し上げます。

今日は、二十四節気のひとつである大暑(たいしょ)です。東京は、全くもって暦通りの暑さでございます。皆様、よい夏をお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

日本橋に龍?

Img_1756

先日、首都高の下にある日本橋を渡っていました。ふと横を見ると橋に動物の像が座っています(上の写真)。何度かこの橋を渡ってきましたが、一度も気付かなかった。しかもかなり大きいし目立つし、デザインも凝っている。羽もついているので顔の感じからして龍でしょうか。でも龍は普通は飛んでいるはず。

というわけで東京都公文書館のサイトで調べてみました。すると、この像は龍ではなく麒麟(きりん)でした。私が羽と思っていたのは、背びれでした。ただ麒麟は、通常羽を持たない架空の動物なのですが、「日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つ」というイメージで羽のような背びれを施したそうです(*)。同サイトによれば、橋の両端には、獅子像もあるようですが全然記憶にない。日本橋といえば「江戸・東京の顔」なのに。。しかもこの麒麟、東京都公文書館のロゴ画像にまでなっていました。今まで気付かなかった事に反省。

こうして歩いているだけでも文化や歴史に接しているんですね。よく考えればあたりまえなんですけれども、周囲を意識するかしないかで日常の質まで変わってくるかもしれません。


東京都公文書館
日本橋の麒麟(きりん)像-当館ホームページのロゴ画像について

| | コメント (4)

猛暑日

Img_1793

本日の東京は、本当に暑すぎ。気象庁によれば「都心で2年ぶり猛暑日」だったそうです。夏は、好きだけれども、地下鉄やバスの冷房が効きすぎたところから屋外へ出ると余計にキツイ。カフェも寒いところが多い。

夏風邪も流行っている模様ですが、なんとかギリギリのところで頑張っています。まずは、暑さに慣れないとね。

気がつけば、銀座ミキモトのディスプレイもヒマワリになりました。でも暑さで写真もぼけてます。

「都心で2年ぶり猛暑日=熱中症に注意を―気象庁」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000069-jij-soci
7月21日12時13分配信 時事通信

| | コメント (0)

夏の夕暮れ

Img_1784

夏の夕暮れは、空全体がラベンダー色になるから好き。

| | コメント (0)

海の日

本日は、海の日。連休最後の月曜日。海の日に海へ行けないのは残念。ま、いいけど。東京の都心でも、時々潮の香りがするときがある。風がある夕方や夜、たまに香る。私は、勝手に東京湾からの潮の香りだと解釈している。もちろん東京湾の裏に住んでいるわけでないので気のせいかもしれない。でも潮の香りがしたと思うだけで嬉しい。今日は、どうだろう。

| | コメント (0)

スター・ウォーズ

NHKのBShiで昨夜から映画「スター・ウォーズ」が放映されています。劇場で公開された順番ではなく、全6シリーズをエピソードの順番通りで連夜放映するというのがポイント。

そうなんです。実は、スター・ウォーズの大ファンなのでございます。とにかくあの映像を映画館で観るのが夢。

とはいっても、1999年にスター・ウォーズ新シリーズ4&5&6(エピソード1&2&3)が公開されると聞いて、喜びよりも失望。別にダース・ベイダー(最近はDoCoMoの携帯CMに登場)の少年時代は興味ない(
ファンの方、ごめんなさい)。

それに加えて映画「トレインスポッティング」で当時爆発的人気の英国人ユアン・マクレガーがオビ=ワン・ケノービ役になると聞いてがっかり(よく考えれば、英国の名優で「サー」がつくアレック・ギネスが演じたオビ=ワン・ケノービの若き日を演じるのは、ユアンが相応しかったかもしれない。ユアン、ごめんなさい)。

というわけで、当時より勝手に反抗して、スター・ウォーズは、ルーク・スカイウォーカーが登場するシリーズ1&2&3(エピソード4&5&6)で、自分的には完了しておりました。

が、昨夜、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を偶然観てしまったのです。最初は、「うーむ」。でも段々と話しが進むにつれて、エピソード4&5&6を熟知している私には、ここがこうなって後のエピソードへつながるのかという発見だらけ。エピソード4&5&6が完成してから制作されたエピソード1なので、あたりまえなんですけど。。

今夜は『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』。ワクワク。

| | コメント (0)

梅雨明け

Img_1780
本日、気象庁によれば関東は「梅雨明けしたとみられる」そうです。まあ、梅雨入りみたいに断言は出来ないでしょうね。でも、この空を見る限り、明らかに東京は高気圧の夏空です。

| | コメント (4)

お盆の送り火

 迎え火があれば送り火もあり。仏教的解釈だと今日は、霊をあの世に送る日。8月がお盆である京都の大文字は、大規模な「送り火」。一度は見てみたい。

| | コメント (0)

蝉の声

今日、一瞬蝉の声がした。関東の梅雨明けは、もうすぐ。

| | コメント (0)

百日紅

百日紅
百日紅の花は、普通紅色ですが、白もあるんですね。さるすべりとも言われる木ですが、今年は花が咲く時期が早い気がします。

| | コメント (0)

お盆の迎え火

東京は、今日からお盆。今夜が迎え火。仏教的解釈では、あの世からご先祖様や家族が戻ってくる時、家がわかるように灯す火が迎え火。そしてお盆の間、彼らは家に滞在する。お盆の意味は、人それぞれだけれども、あの世とこの世の境目が曖昧なる期間とも言える。私的には、素敵な考えだと思う。

| | コメント (0)

スペイン優勝

やはり見てしまった。ワールドカップ決勝戦スペインvsオランダ。しかもライブで。昨日ひいきにしていたドイツが3位になったので、もういいかと思ったが、なぜか今朝3時20分に目が覚めた。当分、タコのパウル君は注目の的だろうな。ドイツの監督が同じセーターを着続けたエピソードも興味深かった。縁起とか占いとか。。信じたくなる気持ちわかる。これって世界共通かもしれない。

| | コメント (0)

東京にある「富士道」

Img_1766

 昨日、東京文京区にある護国寺の境内入り口近くに「富士道」を発見(上の写真)。

足場はちゃんと作られていますが、かなり急な小山です。で、登ってみました。頂上には、富士山の山頂にある浅間大社のミニチュアがありました。そうです、小山は富士塚でした(*)

私の想像ですが、富士山頂上にある(奥宮)浅間大社にお参りに行きたい江戸の人々って多かったんじゃないでしょうか(*)。でも実際、富士山へ行くことも登ることも容易ではない。だから浅間大社参りの疑似体験が出来るのが、この富士塚じゃないかな。

聖地は、それぞれの宗教だけでなく個人でも変わります。憧れの聖地が遠い人も近い人もいる。時代によっては、生きているうちに自分が憧れる聖地へ行ければ本望という人々も沢山いたのでしょうね。もちろん現代でも簡単な事ではない。時間や距離などの制約があります。

型にハマらなくても自分の出来る範囲で信仰出来れば、功徳となるって事でしょうか。四万六千日や富士塚は、日本の神仏の懐の深さを教えてくれるようです。


*富士塚は、江戸時代に多く造られたそうです。富士塚については以下を参考。
「富士塚」(2010年7月11日 18:37 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/富士塚

| | コメント (0)

四萬六千日

 四萬六千日
今日は、縁日。今日お参りすると四万六千日分お参りした事と同じになるそうです。というわけで護国寺に来ております。

| | コメント (0)

涼をとる

Img_1761_5

蒸し暑いですねえ。日本も亜熱帯化しているのかしら。雨もスコールみたい。。最近は、ゲリラ豪雨と言うのですね。本日の東京は、どんより曇り時々大雨。

ビルの中庭に蹲(つくばい)を見つけました。お地蔵様が、涼しげなお顔ですわっていらっしゃいます。こちらも一瞬ですが、涼んだ気持ちになります。

上の写真を見ていて、おさい銭を置いてくるのを忘れた事に気付きました。。すみません。

| | コメント (0)

5年

ロンドンの同時テロが起きてから昨日で5年たった。地下鉄とバスが狙われた。テロは、朝のラッシュ時に起きた。私は、バスが爆破された場所を前日歩いていた。確か木曜日か金曜日だったような記憶がある。テロ前夜にロンドンオリンピック(2012年)の開催が決定して、ロンドナー達はお祭り気分だった。そしてその翌朝事件が起こった。52人の方が亡くなった。大惨事だった。

その週末、ロンドン市内の図書館のほとんどは、通常通り開館された。バス爆破現場から100メートルも離れていない某研究所の図書館も開館した。もちろん爆破現場に張り巡らされたテントが建物から見えるほどの近距離だった。通常通り開館した理由は、休館すればテロリスト達の意図するままになるから。

そして現場近くへ花束を持っていくと警察官が現場へ運んでくれた。英国人のプライドとヨーロッパの奥深さや複雑な社会状況を痛いほど感じた週末だったのを憶えている。

昨日、ロンドンでは追悼式典があったようだ。花束を持ってくことは、出来ないけれども日本より英国を想う。


《ロンドン同時テロから5年、「危険変わらず」と元警察幹部》
(7月8日15時39分配信 CNN.co.jp)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100708-00000011-cnn-int

| | コメント (0)

七夕

Img_1759

今日は、七夕。東京は曇り時々雨でございます。

上の写真は、東京ミッドタウンの七夕フラワーアート。よく見ると竹を使っているのですが、と〜ってもスタイリッシュです。

モダンな七夕もよいけれども、短冊でお願いするのには、「笹の葉さらさら、軒端に揺れる♪」がやはり気分です。

| | コメント (0)

「マネとモダン・パリ」展 三菱一号館美術館

Img_1739

現在、三菱一号館美術館にて「マネとモダン・パリ」展を開催中です。上の写真は、同美術館の入り口付近の展覧会パネルです。センス良いです。

続きは、また後日。

「マネとモダン・パリ」展
三菱一号館美術館
2010年4月6日(火)〜2010年7月25日(日)
開館時間
水・木・金  10:00~20:00
火・土・日・祝 10:00~18:00
※入館は閉館の30分前まで。
休館日:毎週月曜日
※7月19日(月・祝)は開館

展覧会公式サイト
http://mimt.jp/manet/index.html

| | コメント (0)

大雨警報

夕方より一気に雨が降ってきました。土砂降りでございます。都内の一部や埼玉県などで警報が出ているので帰宅の交通に影響がある方も多いのではないでしょうか。お気を付けて。はい、雨になる可能性もあるそうなので、今日は、このへんで。

| | コメント (0)

ドイツ vs アルゼンチン

やはりサッカー観戦してしまった。4年に一度のお祭りにですからね。対イングランド戦あたりから、今回のドイツチームは、いつもと違うと思っていた。で、昨夜の対アルゼンチン戦を観戦して確信。伸びやかでスピードがある。この勢いは、アルゼンチンも止められなかった。大げさかもしれないけれども、ドイツチームのプレーを見ているとサッカーの時代が変わったような気がする。

| | コメント (0)

丸の内とヘンリー・ムーア

Img_1728

一週間ほどワールドカップ・サッカー観戦にかまけておりました(当方のブログを参照)。というわけでちょっと前のブログの続きです。

以前東京丸の内で仕事をしていたことがあります。久々に丸の内へ行って、あまりの変化にびっくりしました。丸の内は、「三菱村」とも言われるくらい三菱系「○○ビルヂング」と表記された歴史のある建物が多いのです(もちろん「○○ビルディング」もあり)。そして最近改築されたのが三菱一号館。この周辺の洗練された空間の素敵なこと。後で調べてみる「丸の内ブリックスクエア」というスペースなのですね。

上の写真は、ヘンリー・ムーアの「腰かける女」(1957)。三菱一号館と紫陽花に彫刻の曲線がマッチしています。窓枠とか煉瓦の壁、庭の作り方が懐かしい感じがします。ロンドンっぽい。あるいは米国の東海岸のどこか。日本ではない。

ヘンリー・ムーアは、イギリスの現代彫刻家で日本でも人気があります。箱根にある彫刻の森美術館はムーアのコレクションを持っています。上の作品も彫刻の森美術館所蔵となっていました。ヘンリー・ムーアの作品は、自然の中も良いですが、このように都会のオアシスの中に展示されるのもよいですね。


箱根彫刻の森美術館所蔵のムーアコレクションは、以下の彫刻の森美術館の公式サイトページにて。
http://hakone-oam.or.jp/works/sakuhin_moore.html

丸の内ブリックスクエア
http://www.marunouchi.com/brick/

| | コメント (2)

雷?

本日東京の空は、夕方なのに真っ暗。昼間は、天気が良かったのに。でも風がなんとなく涼しい感じがした。予報通り、雷か。。笑われそうだけれども雷雨の時は、密にコンピューターの電源をオフにするようにしている。というわけで、失礼します。

| | コメント (0)

7月1日

ベタなつぶやきは、やめようと思ったけれども、やはり「もう7月?半年終わったの?」とつぶやきたくなる。湿気が高すぎ、室内は寒すぎ、夏は慣れるまでは大変。サッカー観戦は、このくらいにして芸術と文化の日々に戻る予定。が、そういえば今ウインブルドン(全英オープンテニス)やっている。。忘れていた。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »