« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

津波

津波関連で落ち着かない。地震が起こったチリに比べれば、落ち着かないなど言っては申し訳ない。完璧に花粉が飛んでいる事を実感する日曜日の午後、なう。

| | コメント (0)

春の嵐?

明日で二月も終わり。本日、東京は雨。昨日の強風の中を歩いてから花粉症の症状が出る。あれは春の嵐だったのか。。

| | コメント (0)

ラプソディ・イン・ブルーとコーヒー

Img_1430

ブリヂストン美術館の入り口付近にあるカフェ、ジョルジェットに座っているとニューヨークにいるような錯覚を感じます。なぜかしら(昨日の続き)。

そういえば、同美術館の外(通り沿い)に展示されているブランクーシの彫刻の名前が『ラプソディー』(1987年)。

ラプソディー(あるいはラプソディ)といえば、「ラプソディ・イン・ブルー」でしょう。

ラプソディ・イン・ブルーは、アメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンの名曲のひとつです。私は、この曲を聞くと勝手にニューヨークを思い出してしまいます。なるほど、美術館を入る前に観たブランクーシの『ラプソディー』から「ラプソディ・イン・ブルー」を思い出したのかもしれません。関係ないかな。

カフェでは、コーヒーに大好きなLotusのクッキーがついてきます。これだけでもコーヒーが美味しくなりますよね。日本的な心配りとニューヨークにいるような空間のカフェ。でも壁には、クラシックなモザイクの装飾。

ここで午後を静かに過ごしてみたいな。

| | コメント (0)

Tearoom Georgette (ブリヂストン美術館)

Img_1425

ブリヂストン美術館の入り口付近にあるカフェ、ジョルジェットにて。

通り沿いに座っていると、なんとなくニューヨークにいるような気がします。

なぜかしら。

| | コメント (2)

そして冬が終わる前に

Img_1440_4

東京ミッドタウンにて、屋外スケートリンクが2月28日まで開設されています。都内最大級の広さだとか(上記写真の奥)。

滑らずに見ているだけですが、ニューヨークとかロンドンとかの屋外スケートリンクを思い出します。この風景、何か懐かしい感じがするのは、なぜかしら。欧米の映画で、スケートリンクって結構重要な場面で使われることが多いからかなあ。

冬も終わりに近づいてきています。

フォルクスワーゲン スケートリンク in 東京ミッドタウン
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/2009/3450.html

| | コメント (0)

銀座にて春の予感

Img_1436

今日の東京は暖かでした。なんとなく花粉の気配もしないでもない。。

銀座の名所ともいえる銀座ミキモトのコーナーでは、から菜の花とマーガレット(かしら)になっていました。ピンボケ気味の写真ですが。。

もう来週は3月ですねえ。

| | コメント (0)

アート部門 (文化庁メディア芸術祭)

Img_1420

昨日の続きです。

前回と同様、メディア芸術祭では、アニメーションだけでなく、アート部門、エンターテインメント部門、マンガ部門の受賞作品があります。

アート部門の優秀賞作品 Lawrence MALSTAF(ベルギー)による「Nemo Observatorium」のインスタレーションは、機会があれば体験してみたいなと思いました。透明の筒状の中で嵐が起こっています。最初、水かなと思ったのですが、白い微粒子でした。その嵐の真ん中に椅子があり、そこに一人で座るという仕組み。。案の定、行列でした。

上記あるいは他の受賞作品の詳細は、以下の文化庁メディア芸術プラザのサイトで見ることができます。

文化庁メディア芸術プラザ
http://plaza.bunka.go.jp/

| | コメント (0)

サマーウォーズ  (第13回文化庁メディア芸術祭)

先日、国立新美術館で文化庁メディア芸術祭(2月3日〜2月14日)を開催していました。昨年は、シンポジウムにも参加したのですが。。今回は最終日のみ参加。来年は、どうなるかなあ。

今年で第13回になる同芸術祭。募集期間が昨年7月16日から9月25日でした。となると昨年記憶に残っている作品が十分、受賞作品になりうるわけです。

アニメーション部門の大賞作品「サマーウォーズ」は、昨年大ヒットした映画なのでご存知の方々も多いはず。監督は細野守氏。

先輩女子に頼まれて、長野県上田市にある彼女の家に連れてこられた高校二年生の少年。彼の特技は、数学とコンピューター。知能は、数学オリンピックへ参加するかしないかというレベルの高さ。

立派な日本屋敷に着くなり、先輩女子は、彼を自分のフィアンセとして家族に紹介する。少年はびっくり!しかも彼女の家は旧家だった。ところが少年は、彼女の曾祖母(16代当主)に気に入られて。。という展開。

伝統的日本の大家族と夏休みとお盆。そして美しい日本の自然。ノスタルジックな風景が満載なのですが、話しは、仮想都市OZとかアバターとかデジタルの方向へむかっていきます。最終的には、気弱な理系少年が先輩女子の大家族に守られて、コンピューターで戦いに挑む。。

日本のお国芸とも言えるアニメで、このストーリーの素晴らしさ。本当に日本文化ってクールだなあと思います。

サマーウォーズ公式ページ
http://s-wars.jp/index.html

| | コメント (0)

ブリヂストン美術館

Img_1423

ブリヂストン美術館へ来ました。

上の写真は、同美術館のあるブリヂストンビルのコーナーに展示されているブランクーシのラプソディー(1987年)です。

前回、何時来たのか思い出せないほど久し振りでした。

続きは、また後日。

| | コメント (0)

ドライアイ

今朝より目の様子がおかしい。昨日長時間連続でコンピューターで仕事をしたせいか。。通常でもドライアイ気味。本日、これにてコンピューターでの作業は、ひとまず終わりにする、なう。

| | コメント (0)

早朝

東京は雪降り。朝5時くらいは結構降っていたのに。。午後は、お天気。雪景色の東京の写真を撮りわすれ、少し後悔。

| | コメント (0)

雪。。

本日の東京は寒い。雪が降りそうな感じ。底冷えがする。。

| | コメント (0)

涅槃の日

昨日の2月15日は、お釈迦様が亡くなった日ということで「涅槃の日」だったそうです。

4月にはお釈迦様の誕生日があります。灰の水曜日や復活祭や、キリスト教も仏教も冬から春にかけて、様々な行事があるのですね。

単なる偶然か。。

| | コメント (0)

いつものVOGUE Café

Img_1417

 先日、国立新美術館のVOGUE Caféにてエクレアフォンダンセットをアールグレーいただく。チョコレートのエクレアの方にすればよかったような気もする。

やはり土曜日の午前中のカフェは、人がいなくて快適。

| | コメント (0)

Happy Valentine's day

皆様にとって、素敵な一日になりますように。

| | コメント (0)

国立新美術館にて

Img_1415_1

雪がちらつく本日の東京。国立新美術館に到着。今日は、オリンピックの開会式があることを思いっきり忘れていたことに気付く、なう。

| | コメント (2)

スタバもいいけど。。

Img_1383_2

ドトールも好き。本日の東京は寒い、寒すぎる。米国東部の公共施設や学校も大雪で昨日は閉鎖だったらしい。日本海側は今日も雪が降るのかしら。雪国の方々には申し訳ないけど。。と思いながら、豆乳ラテを飲む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日、ドイツはカルネヴァル

今日は日本の建国記念日。

ドイツ在住の友人によると、今日はカルネヴァル(Karneval)。英語でカーニバル、日本語では謝肉祭です(国によって行事の内容は異なります)。

ドイツでは、特に灰の水曜日以前の木曜日がカルネヴァルの日。

「灰の水曜日」は、復活祭の46日前の水曜日です。今年の灰の水曜日は、来週の2月17日。とういわけで本日の木曜日が謝肉祭。

カルネヴァルは、飲めや歌えやという感じのお祭のようで人気パブが今日は大混雑するそうです。ドイツといえばビール。きっとすごいビールの消費量なんでしょうねえ。

それにしてもヨーロッパでは復活祭のカウントダウンが始まったということですか。。今年の復活祭は、4月4日。あっという間に4月になってしまうのかしら。

| | コメント (0)

絵画を「読む」

 先日NHK教育テレビで放送された「知る楽 探究この世界 中野京子 “怖い絵”で人間を読む 第2回『美の呪い』」を見ました。内容は、ハプスブルク家のエリザベートの肖像画から彼女の美にのろわれた一生を考察するという内容でした。

中野京子氏はドイツ文学と西洋文化史を専門とする研究者。著書「怖い絵」がシリーズ化されるなど、氏の鋭い視点とヨーロッパ史の知識の深さで高い評価を受けているようです。

伝統的な美術史の研究者達は、美術様式論が中心です。最近の(特に欧米の)美術史研究者は、ある社会現象や文化(宗教も含む)を解読あるいは証明するための「視覚的証拠品」として造形美術を扱う傾向があります。

最近、雑誌(最新では『日経おとなのOFF』3月号)による美術特集の際に「絵画を読む」という意味合いのフレーズをよく目にします。それは作家の人生を読むことでもあり、描かれている人物の人生を読むことでもあります。あるいは絵に隠されているメッセージを解読することでもあります。

ただ文学あるいは歴史研究者と美術史研究者が絵画を「読む」場合、何かが違う気がします。どちらが正しいとかではなく、視点が違うような気がします。この視点の違いが今回の放送を見ていて個人的に非常に気になりました。というよりは、いつも気になっている事なんですけどね。

なお国立新美術館で開催されていた「THE ハプスブルク 展」が現在京都国立博物館で開催されています(上記のエリザベートの肖像画も出品されています)。

「THE ハプスブルク 展」
http://www.habsburgs.jp/
京都国立博物館(東山七条)
会期:2010年1月6日(水)~3月14日(日)
休館日:毎週月曜日
時間:午前9時30分~午後6時 *金曜は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)

| | コメント (0)

やっと

仕事の山がやっとひとつ超えた気がする。つぶやきが続いているけどこういう時もあると思う、なう。

| | コメント (0)

「美の呪い」

本日、NHK教育テレビ午後10:25~午後10:50「知る楽 探究この世界 中野京子 “怖い絵”で人間を読む 第2回「美の呪い」あり。勝手に想像するに先日のハプスブルク展の作品のことについてか。うまく録画出来れば見たいと思う。

| | コメント (0)

富士山

 富士山
東京へ戻る途中。窓より富士山が見える、なう。

| | コメント (0)

鳶を見ながら

鳶を見ながら
休憩中、なう。

| | コメント (0)

品川駅にて

品川駅にて
新幹線に乗る。なう。

| | コメント (0)

立春。。

今日は、立春。といっても本日の東京は寒い。でも春は近づいてる。確実に。。

| | コメント (0)

節分

Img_1386_4

恵方巻を買う。なう。

| | コメント (0)

東京と雪

Img_1385

昨夜から東京は雪。今朝は都心でも雪が残っていました(上の写真)。

のんきに写真など撮影していましたが、近くでタクシー同士の追突事故現場がありました。交差点の真ん中に雪が残っていたのが原因みたいです。あるいは道路が凍結していてスリップしたのか。。今朝は、レインボーブリッジも閉鎖されていたということですしね。交通機関にも影響があった模様。

それ以上に東京近辺で今回の雪でケガされた方の数も半端じゃないみたいです。今朝10時の段階で187人(読売新聞より)。

東京で雪が降ると結構大変なのです。

| | コメント (0)

2月1日

今日から2月。本日、東京は雨。夕方から雪になるそう。まだ2月か、もう2月か。。う〜む。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »